困った時の自分用メモ

読んだ本を考察してメモったり、自分でいじった物の感想をメモったりする場。週1更新を目指します。

お金の話~格安携帯「mineo」に変えてみた1~

昨今、SIMフリー携帯+格安通信事業者の組み合わせでスマートフォンを利用する人が増えているかと思います。
通称「格安携帯」とか呼ばれている物ですね。

筆者も、2017/4頃に、月額利用料の整理をしている時に削れる部分と思い、auからmineoに乗り換えました。
この記事は、その辺りの話です

▼前書き
その前に、何故お金の話というカテゴリになっているかというと、これを行った根本の行動理由が

「無駄な出費の削減」

という思考を発端にしているからです。
この「無駄な」という部分を強く意識しておいてください。

 

▼スマフォとは、高額なサービス料金を支払って利用していると認識すること
さて、一般にスマートフォンを利用している方は、恐らく
audocomosoftbank
の、どれかの大手キャリアと契約をしていると思います。

で、おおよその月額利用料は
・回線料金 約7000円
・本体代金 約5000円
の、約12000円くらいなんじゃないかなと思います。

皆さん、これ当たり前のように支払っていると思いますが、冷静に考えてみてください。
1年で支払っている金額は
----------
12000円 × 12か月 = 144000円
----------

これを大きいと取るか小さいと取るかは人によると思いますが、
年収144000円上げる難しさや、アルバイトしている学生の144000円の価値、ボーナスが0.5~1ヶ月の人なら、この大きさがよくわかるのではないかなと思います。

では、これ一体何にこんなに高額な金払っているかというと、
一つ目は、スマートフォン本体代金ですね。
見て分かる通り、本体だけで60000円払っています。

残りの84000円の部分ですが、大半の人は回線利用料と思うかもしれませんが、筆者はそう考えません。
この金額の大部分を占めているのは、「電話サポート」だったり「緊急時の連絡対応」などの、
いわゆる、大手の回線業者を利用しているおかげで付いているサービスのサービス利用料だと思っています。

ちょっと考えるだけで、いかに高額なサービスを利用しているかがわかりますね。

 

▼無駄な出費なのかどうかを考える
ここで、先ほどの前書きに書いた「無駄な」という部分を意識する必要が出てきます。

まず、スマートフォン本体代金についてみてみましょう。
大体60000円くらいで購入していると思いますが、みなさんはスマートフォンの値段はそれくらいが相場とお思いでしょうか?
実は、スマフォ本体だけなら、安ければ10000~30000円で、そこそこいい性能の物を買う事ができるようです。
(言いきれないのは、筆者が実際にその値段のスマフォを買って利用しているからではないからです。あくまで情報の話)

何に、その+30000円が加算されているかというと、これは筆者の勝手な想像でしかありませんが

1. 大手キャリアで買えば、そのまま契約が出来る、サポート+購入者の無知の補間料
2. 大手キャリアには、その大手キャリア専用のアプリが初めからプリインストールされている、そのアプリの料金分の上乗せ

この辺りでしょう。

次に、回線利用料+キャリアのサポート代金について考えてみましょう。
読者の方は、年に何回キャリアのサポートに電話お問い合わせをしていますか?
また、年に何回、緊急の連絡が来て助かったと思いましたか?(まぁ、これは緊急時にこそ役に立つかもしれない物なので、今は突き詰めない方がいいかもしれませんね)

余談ですが、その相談内容が端末本体の不具合の相談だったとしたら、キャリアのサポートでは恐らく端末の不具合は解決できませんよ。
その機種作っているメーカーに電話しろと言われるのが目に見えています。

さて、ここで無駄な出費なのかどうかを考えます。
これは、読者それぞれの価値観次第なので、それぞれ考えてみてください。

筆者は、キャリアのアプリは不要としているので、本体に60000円払う必要がありません。
恐らく、今の端末がダメになったら、30000円台のスマフォをキャリアではないところから買うと思います。
また、キャリアのお問い合わせサポートも緊急連絡も不要としているので、84000円払う必要がありません。
つまり、無駄な出費と考えました。

 

▼この記事まとめ
ひとまず、上記の経緯があり、大手キャリアを利用する必要がないという結論にいたり、格安携帯に乗り換えようと思いました。

逆にいうと、この記事を読み、大手キャリアの利用に価値を見出している人。
特に、自分で調べる事ができず、サポートに頼りっきりの人は、大手キャリアをそのまま利用していた方がいいです。
その人達は意識していないと思いますが、無知をお金で代用しているに過ぎないので、お金がかかって当然なのです。

 

次回、mineoを選んだ経緯や、実際の使用感を記事にします。