困った時の自分用メモ

読んだ本を考察してメモったり、自分でいじった物の感想をメモったりする場。週1更新を目指します。

Steamの話~Slay the Spireの攻略:Ironcladのカードと部屋選択~

Ironcladはアセンション11までクリア。
Silentはアセンション1までクリア。

現時点のバランスだと、運ゲー要素が強いですが、
いくつか目安になる情報、共有しておきます。

今回は、Ironcladの方で。

▼最終ビルドのイメージ
Ironcladは防御系のカードが薄いので、最低限の防御以外は、Streangthマシマシにしてぶち殺すというのが主な戦術になりやすい。
というか、敵の攻撃が激しすぎて、中途半端に防御を厚くしてもジリ貧になるだけである。
(うまく防御特化出来ているのであれば、話は別)
欲しいカードとしては

〇必須
・Streangthを恒久的に上げる手段1種+LimitBreak+
・DemonForm
のどちらか

・HeavyBlade+

〇1枚は欲しい
・Whirlwind
⇒道中の雑魚の殲滅に

・Feed
⇒前半に手に入れられるなら、1枚は有るとサステインが違う。

・Offering
⇒ドロー加速+マナ追加。Powerを使う下準備に、これ程強力なカードは無い。

・Reaper
⇒Streangthマシマシにしていれば、50以上回復も出来る為、道中のサステインや、ボス時の緊急回復にも役立つ。

・BattleTrance
⇒0コスト3ドローは単純に強い。このターンは以降ドローが出来なくなるが、微々たるデメリット。Offeringと組み合わせる時は注意して使う。


▼最初の選択
〇優先的に選びたい
・最初の3戦闘だけ、敵のHPが1になる
⇒Elite(中ボス的な敵)のHPも1になるので、マップ状況次第では、レリックが1~2個無料で手に入るような物なので、おいしい。Eliteが居なくても、3戦闘を安全に過ごせるのは大きい。

 

・100金得る
⇒シンプル。3部屋目以降にショップが有るルートであれば、選択肢に入ると思う。
 理由は、Apotheosisが大体190~210くらいの値段なので。

 

・ランダムなコモンレリックを一つ得る
⇒効果は低いが、デメリットがほぼないアイテムが多いので、ランダムなカードを手札に加えるくらいであれば、これを選んだ方がいい。
 シールドを得るレリックが手に入ったら、かなり楽が出来る。

 

・カードの破棄
アセンションの場合、途中のレベルからパラサイトがデフォでデッキに組み込まれるので、優先的に破棄するのもあり。

 

・カードの交換
⇒ランダムに手札に加えるくらいなら、破棄+1枚獲得の意味がある交換の方がいいと思う。

 

・カードの強化
⇒シールドを1枚強化するだけでも、サステインに差が出るので、悪くない。

 

・呪いを得て、250金獲得
⇒ショップがすぐにあるルートを選べるのであれば、悪くないと思う。

 

〇微妙
・現在HP半分ダメージ系のデメリット
アセンションは雑魚が強いので、ジリ貧で死ぬことになると思う
 アセンションでないなら、Ironcladは回復できるので、選択肢に入れてもいいと思う。

・ランダムなレアカードを獲得
⇒博打。欲しいカードはたくさんあるが、そのほとんどが序盤では紙切れに成り下がるので、
 良い選択肢とは言えないと思う。
 Feed、Offering、Reaperは当たりだと思うが、それ以外は序盤ではWoundと同じで、無駄にデッキを圧迫するカードになる。

・4番目の、専用レリックを破棄して別のレリックを得る
⇒ボスレリックは、メリットデメリットを両方持つ物があるため。

 

▼ルートの選択
〇1層目
高レベル帯でも序盤は余裕が有るので、前半は敵部屋に入ってカードを獲得していく。
お金が75以上あるなら、ショップにも一回は寄っておきたい。

取得したいカードとしては
・攻撃系2~4枚
・ドロー系1~2枚
・Power系は必要に応じて

こんな感じ。

また、休憩部屋に挟まれているElite部屋はチャンスでもあるので、
デッキの内容次第では狙ってみるのもあり。

とにかく、主力カードをStrike/Defendから変えないとボスで死ぬことになるので、
コストパフォーマンスが高く、終盤でも邪魔にならないカードを選んでいく。
取ってもいいと思えるカードとしては

Flex
⇒0コス、このターンだけStreangth+2。単純に火力底上げになるので、1枚は有ってもいい。

 

・Crash
⇒条件付き0コスト14ダメージ。1枚は有ってもいいと思う。手札圧迫系のボスが見込まれる場合は、取らない方がいい

 

・Rampage
⇒1コスト8ダメージ。使うたびにダメージが4(8)ずつアップ。疑似的にStreangthが増えているような物なので、悪くない。

 

・Headbutt
⇒1コス9ダメ。Rampageを使うのであれば、1枚有ってもいい。

 

・TwinStrike
⇒1コス5*2ダメ。コスパに優れ、終盤でもStreangthの恩恵を受けられる。

 

・Bloodforblood
⇒4コス16ダメ。ダメージ受けるごとにコストが減るので、1枚有ってもいいと思われる。

 

・Inflame
⇒1コス2Streangth。1枚有ると、LimitBreakの布石にもなる。

 

・Whirlwind
⇒残りコスト全部、コスト×5ダメ。複数敵を相手にする時は、無類の強さを発揮する。
 マナを加速してこのカードを主力にするデッキ運用も可能。

 

・BattleTrance
⇒0コス3ドロー、そのターンドロー不可。単純に便利。

 

これらが出たら、獲得してもいいだろう。

 

デッキ構築は1層目で終わると言っても過言ではないので、引きが悪そうだったらボスまで行って死ぬのも悪くない選択肢。
(ボスまで行かないと、次ゲームを始める時に、スタートボーナスが獲得できない為)

 

〇2層目~
ここからは、出来るだけ敵部屋避けつつ、休憩部屋に沢山入れるルートを探していく。
雑魚が強いわりに、得られるカードが1層目と大差ないので、敵と戦うだけ不利だからだ。

残りの戦力増強は、?部屋とたまに戦う雑魚とショップで補う。
興味本位でEliteと戦おうものなら、ボロボロにされて回復が間に合わなくなる。

 

長くなったので、続きはまた次回。